経過観察の通院 原爆症認めず

ニュース
 原爆の影響で病気になり、経過観察のために通院する被爆者も原爆症と認定すべきかが争われた3件の訴訟の上告審判決で、最高裁第三小法廷(宇賀克也裁判長)は25日、認定申請を却下した国の処分を支持し、原告の被爆者3人の訴えをいずれも退けた。被爆者側の敗訴が確定した。

 原告は広島や長崎で被爆し、白内障や慢性甲状腺炎になった広島、佐賀、愛知各県在住の女性3人。手術などの治療を受けていないものの経過観察のために続けていた通院が、原爆症の認定要件の一つである「治療が必要な状態(要医療性)」があるかが訴訟の争点だった。下級審の判断が分かれていたが、最高裁は3人が受けていた経過観察に要医療性はないと判断した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00000037-asahi-soci

水俣の教訓を福島へ 水俣病と原爆症の経験をふまえて [ 原爆症認定訴訟熊本弁護団 ]
価格: 1,100円 レビュー評価:0 レビュー数:0
水俣病と原爆症の経験をふまえて 原爆症認定訴訟熊本弁護団 花伝社 共栄書房ミナマタ ノ キョウクン オ フクシマ エ ゲンバクショウ ニンテイ ソショウ クマモト ベンゴ 発行年月:2011年08月 ページ数:126p サイズ:単行本 ISBN:9784763406101 なぜ、シンポジウムを開いたのか/1部 パネラー報告(過少評価できない放射線の内部被曝/フクシマとミナマタをつなぐもの ほか)/2部 リレートーク/3部 特別寄稿(ノーモア・ヒバクシャ!/原発事故にミナマタの教訓を生かす ほか)/資料(案内チラシ/シンポジウム宣言 ほか) 誰が、どこまで「ヒバクシャ」なのか?内部被曝もふくめて
Supported by 楽天ウェブサービス



被爆者はなぜ原爆症認定を求めるのか 岩波ブックレット / 伊藤直子 【全集・双書】
価格: 528円 レビュー評価:0 レビュー数:0
基本情報ジャンル社会・政治フォーマット全集・双書出版社岩波書店発売日2006年09月ISBN9784000093842発売国日本サイズ・ページ63p 21cm(A5)関連キーワード イトウナオコ ヒバクシャワナゼゲンバクショウニンテイオモトメルノカ 9784000093842 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について商品説明病気になっても、多くの場合「原爆症」と認定されない現実を変えたい。被爆者たちは「最後の闘い」に挑んだ?。なぜ彼らが裁判をおこさなくてはならなかったのかを、原爆の実態、原爆症認定制度のあるべき姿とともに述べる。〈伊藤直子〉1947年生まれ。社団法人日
Supported by 楽天ウェブサービス



防災セット情報をざっくりまとめてみました



カラコン 情報をざっくりまとめてみました




記事タイトルとURLをコピーする
関連記事
該当する記事はありませんでした
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。